頭皮の自浄作用を利用

日頃髪を洗う際、シャンプーを利用しているという方は多いでしょう。頭皮の皮脂や臭い、髪に付いた埃などの汚れを落とすと頭皮の健康にも良いですし、洗い上がりがすっきりします。しかし、中にはシャンプーを使用せず、お湯のみで頭を洗うという方法もあります。一般的に言われる湯シャンというのがそれです。湯シャンと言っても、ただお湯で流すだけというわけではありません。湯シャンに適したお湯の温度や方法があるのです。そのお湯の温度ですが、少しぬるいと感じる程度が最適です。というのも、熱すぎるお湯だと頭皮がダメージを受けるだけでなく、頭皮の乾燥を防ぐための皮脂も余分に洗い流してしまいます。逆に冷たすぎると、頭皮の毛穴がうまく開かず、ちゃんと皮脂や汚れを落とすことが出来ません。皮脂が残りすぎると毛穴が詰まったり、臭いが発生したりすることがあるので、適度な温度のお湯で洗いましょう。

もとから備わっている力

お湯のみで洗う湯シャンは、シャンプーなどの洗浄剤でダメージを受けた頭皮をいたわる方法でもあります。シャンプーには化学成分が使用されているので、髪や頭皮を傷めてしまうことがあるのです。傷んだ頭皮は臭いの原因にもなりますから、シャンプーと湯シャンを併用して適度に頭皮ケアを行いましょう。また、湯シャンのみを行う場合は、湯シャンを始めて数日間は、臭いが取れないことがあります。しかし続けるうちに、人が本来持っている頭皮の自浄作用が働いて、臭いやべたつきなどが自然と改善していきます。化学成分によるダメージがなくなるわけですから、髪や頭皮がダメージを受けることがなくなり、髪が滑らかさを取り戻します。洗いすぎによる皮脂の過剰分泌も収まるので、潤いを保ちながら芯のある髪になるでしょう。

悩みすぎないことが肝心

ほとんどの女性は、妊娠時専用のホルモンバランスの状態があります。もちろん妊娠時専用なので、赤ちゃんを出産後は通常時の状態に戻ります。しかし、その際に身体が変化についていけず、心身に何か不調を来してしまうことがあります。抜け毛もその症状の一つです。髪は女性の命ともいわれるほど、女性にとって大切な存在です。そのため産後の抜け毛が生じた場合は、一時的な変化とはいえ精神的なダメージが特に大きいでしょう。そもそも抜け毛の原因は、頭皮の毛穴が皮脂や汚れで詰まって毛髪にうまく栄養が行き届かないことです。産後は妊娠時とは異なるホルモンが分泌されるため、他のホルモンとのバランスが崩れてしまいます。その結果皮脂を多く分泌し過ぎたり、髪への栄養補給の脳内命令が滞ったりして抜け毛が増えてしまうのです。

対策を立てる

産後の抜け毛はホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌が原因ですが、だからと言って過度の洗髪は必要な皮脂までも落としてしまうので、反って良くありません。また、産後のお肌は普段より繊細になっていますから、洗浄力の強いシャンプーなども控えた方が良いでしょう。熱すぎず冷たすぎない程度のお湯で、抜け毛の原因である毛穴の余分な汚れや皮脂を浮かして流します。また、シャンプーする際は爪で頭皮に傷をつけないように気を付け、頭皮を優しく揉むようにマッサージすると、頭皮の血行が良くなり抜け毛を予防できます。それから抜け毛対策には頭皮の環境改善の他にも、ストレスを緩和させることも重要です。産後のホルモンバランスの変化に身体が対応できるようになれば、心身の不調は自然と緩和されていきます。ですから抜け毛は一時的なものだと理解し、深く悩まないようにしましょう。

ヘアスタイリングの必需品

外出時のおしゃれとしてヘアスタイルを重視している方も多いでしょう。ふわふわと緩めに巻いてみたりサラツヤのストレートにしてみたり、ヘアスタイルに欠かせないのがヘアアイロンです。今や多くの女性が一台は所有しているアイテムですが、その種類は用途によって様々です。まず、板状の金属が両面に付いているのがストレート用です。電気で温めたこの板で髪を挟むと、艶のあるストレートヘアにすることが出来ます。そして柄に沿って金属が巻かれているのがカール用のヘアアイロンです。ストレート用と同様、熱を利用してカールを作りますが、こちらはヘアアイロンに髪を巻き付けるようにして使用します。円柱状の金属部の直径が大きいほど、緩いカールを作れます。いずれも温度調節が出来るものが多く、温度が高いほどしっかりとした形状を維持しやすくなっています。

使用時には気を付ける

ヘアアイロンを使用する際は、髪が乾いている状態が好ましいでしょう。濡れていると髪が傷みやすく、パサつきの原因になってしまいます。また、ヘアスタイルを長時間維持するためにワックスやスプレーなどのスタイリング剤を用いることもありますが、スタイリング剤をつけた状態でヘアアイロンを使用すると、スタイリング剤が熱で変質して汚れや故障を引き起こすこともあります。そのためスタイリング剤はヘアアイロンの使用後に使うようにしましょう。スプレータイプのものであれば、ヘアアイロンで形作ったヘアスタイルを崩すことなく利用出来ます。それからヘアアイロンは、熱を利用してスタイリングするアイテムです。中には200度を超える温度になるものもあるので、火傷や火災には十分注意しましょう。

効果的に白髪を染める

年齢を重ねると、頭髪に白いものが混じってくることがあります。もちろん誰にでも起こり得る自然なことですが、印象を左右するということもあり、白髪染めを行っている人は多いです。しかし思うように染まらなかったり、染色が落ちるのが予想より早かったりして、定期的に白髪染めを行うのが面倒なことがあります。そのような場合には、普段のヘアケアを見直してみましょう。普段シャンプーをするときにごしごしと洗ったり、濡れた髪をタオルで乱雑に拭いたりしていませんか。または、水気をあまり切らないでドライヤーを使用している、もしくは乾かさずに放置という場合も、白髪染めがうまくいかない原因である可能性があります。髪は適切なケアをしないとダメージが蓄積され、トリートメントや白髪染めの染色剤をうまく吸収・定着出来なくなってしまいます。そのため優しく洗い、乾いたタオルで水気を十分に取ったら、ドライヤーで素早く乾かすという習慣をつけましょう。

お好みで使い分ける

染色剤の洗い残しや匂いが気になるあまり、白髪染めの後は過度に洗髪してしまうという人は特に注意が必要です。洗いすぎは染色剤の定着を阻害しますし、頭皮にダメージを与えてしまいます。出来るだけ過剰な洗髪は避け、頭皮を休ませてあげましょう。白髪染めにはカラーリングタイプのものとトリートメントタイプのものがあります。カラーリングタイプのものは、製品によっては効果が持続しにくいこともありますが、使用後すぐに白髪を染められ、色合いの調節も比較的楽なものが多いです。トリートメントタイプの白髪染めは白髪が染まり始めるまで時間が掛かりますが、継続的な利用で効果時間が長くします。また使用頻度により色合いの調節も可能ですし、髪の健康にも効果があります。好みや状況に合わせて使い分けると良いでしょう。

未分類の関連記事
  • 泡立たないシャンプー!?KAMIKA(カミカ)の効果はすごかった!白髪・抜け毛対策クリームシャンプーの口コミや評判は??
  • ひげを無くす
  • 医療機関での治療
  • 薄毛に悩む
  • 環境改善
  • 髪の悩みを解消
おすすめの記事
髪の悩みを解消
未分類
これまで様々な方法を実施してきても、高い効果を得る事ができなかった方はフィンペシアという薬が存在しているので、試してみる価値は十分に存在して...
医療機関での治療
未分類
最近薄毛の悩みも、解決しやすい環境が整いつつあるようです。それは医療機関で行っているAGA治療です。今まではこのような治療が存在していなかっ...