メンテナンスの手法

髪の毛の抜ける量が多くなってきたり、髪の毛にコシがなくなってきた女性にお勧めなのが育毛シャンプーです。育毛シャンプーは頭皮環境改善効果があるシャンプーとしてドラッグストアなどで出回っています。最近女性に人気のある「ノンシリコンシャンプー」もある意味育毛シャンプーの一種です。そもそも育毛シャンプーはシリコン不使用なので、どれもノンシリコンシャンプーに含まれます。ノンシリコンシャンプーはドラッグストアでは数が限られていますが、インターネットなら沢山の種類から選べて特価で買うこともできます。有名サロン御用達のノンシリシャンプーなどを買えば、毎日洗うたびにヘアサロン帰りのようなサラサラの髪の毛に仕上がります。

ノンシリコンシャンプーの価格

コーティング剤などが入っていないノンシリコンシャンプーを使えば髪の毛がきしまずサラサラに仕上がります。そして頭皮に必要な分の皮脂を残すことができるので、頭皮改善、抜け毛予防に繋がります。女性に大人気のノンシリコンシャンプーですが、価格が普通のシャンプーよりも高額です。成分や内容量によって変化しますが、2000円~10000円程の価格帯の商品が多いようです。リンス(コンディショナー)とセットで買うと安くなるものもあります。フローラルの香りやフルーツの香りなど、女性にとって嬉しい香りつきのノンシリコンシャンプーもあります。また、ドラッグストアなら1000円以下で買えるノンシリコンシャンプーが多いようです。

男性の問題ではない

かつて、育毛の悩みは男性特有の問題と捉えられていましたが、その様相は変化しつつあります。今では、多くの女性が薄毛や抜け毛に悩んでいるのです。では、その背景にある問題について探っていきます。まず一般的に、育毛の悩みを抱えている女性の多くが、40代以降であると言われています。その原因は、女性ホルモンの1種であるエストロゲンが深く関連しているためです。エストロゲンは毛髪の成長に欠かせない成分です。しかし、エストロゲンは40代以降から減少を始め、閉経後は極端に少なくなってしまう傾向にあるのです。その結果、1つの毛穴から出る髪の毛の本数が減少したり、髪の毛そのものが痩せたり、髪の色が薄くなったりなどの症状が現れるのです。これら女性特有の脱毛症を、びまん性脱毛症などと呼びます。

髪の改善方法について

現在では、育毛の悩みを抱えているのは40代以降の女性ばかりではなくなっているのです。特に、20代から30代の女性の間で、薄毛や抜け毛に悩む人の数は増加しています。ですが、40代以降の女性のケースとは原因が異なり、いくつかの特有の原因があります。それは、過度なダイエットやヘアカラーやパーマを繰り返すことでの、髪へのダメージです。同じ女性でも年齢により、原因や改善方法が異なるのが育毛の悩みなのです。特に、40代以降の女性の場合には、病院などの医療機関で治療を受けることも可能です。そこでは、内服薬や外用薬、サプリメントなども処方され、改善を目指すことができます。育毛の悩みは、健康的な食生活と適切な治療で取り去ることができるのです。

きれいな仕上がり

ストレートアイロンとは、みなさんご存知の通り、熱の力を使って、髪の毛をストレートする電化製品のことですが、効率的な使い方をご存知ですか。ここでは、使い方のコツをいくつか紹介します。まずは、髪の毛は必ず乾いた状態で使うことです。濡れた髪にストレートアイロンをあてると、髪の毛が生乾きになってしまい、時間が経つと、少しずつ癖が出てきてしまいますので、注意が必要です。また、ストレートアイロンをあてるときには、まとめてやると上手にかかりにくくなるので、一気にまとめてやらずに、少しずつピンで留めながらかけていきましょう。最後に、不自然な程まっすぐな髪型にならないように、ドライヤーを使ってブローすると良いでしょう。

ストレートアイロンの選び方

ではつぎに、ストレートアイロンの選び方について紹介します。ストレートアイロンは現在、手頃な価格で手に入るようになってきていますが、中にはあまり効果がでないものもあります。ですから、きちんと見極めて、長く使えるものを買いましょう。まずは、ストレート機能のみのアイロンを買うことです。ストレート機能だけでなく、カールやウェーブ機能が付いているアイロンがありますが、そういったものの場合、ストレートのみのアイロンに比べると、どうしても性能が落ちます。ですから、専用のものを買うと良いでしょう。他に、熱の力が強いものを選びましょう。あまり温度があがらないものだと、ストレートにもなりませんし、なったとしても、すぐに癖が出てきてしまうからです。

金額についての意識

ある程度の年代になると必然的に白髪の悩みが出てきます。女性はとくに白髪染めを行う人がおおいので、自宅で自分で行うか、それとも美容院で染めてもらうかを毎回悩んでいるという人も多いです。 値段的にどちらがお得かと言うと、当然ながら自宅で行ったほうが安いし、好きな時にできます。美容院で染めてもらうと、一緒にカットなどもしてもらうと1万円近くかかってしまうこともあります。市販の白髪染めが千円以内で買えることを考えると、高いですがやはり美容院は美容院ならではのメリットもあります。仕上がりの綺麗さや色持ちの良さ、何よりも人にしてもらうことにより、手間が省けます。自分で白髪染めを行うと結構大変です。自分の髪の長さや、染めてもらう量によって使い分けをしている人が多いです。

市販のものでも綺麗に染まる

スーパーやドラッグストアに売ってある白髪染めの商品は色々な種類が販売されています。クリームタイプのものや泡タイプのもの、リタッチ用のもの、さらには残った分はとっておける商品などがあり、少し前からするとずいぶん種類が増えましたし、用途によって使い分けも出来るようになってきました。 市販のものは髪が傷みやすいと言われていたのも昔の話で、最近のものは健康な髪であれば痛むこともほとんどなく、仕上がりも綺麗に染まります。トリートメントが配合されているのが当たり前になってきて、染める前よりも綺麗な髪になったりするケースもあります。それも正しい使い方をすることが大事で、説明書の通りに毛染めを行う必要があります。美容院と自宅での白髪染めどちらもメリットがあり迷うところです。

簡単なテクニック

一瞬にしてやさしい印象になる巻き髪は、エイジング世代の強い味方。ヘアアイロンで「うまく巻けない」「時間がない」という人でも簡単に優しげヘアになれる巻き髪を。年齢とともにボリュームのなくなってきた髪の毛をふんわりと、地味で冷たく見える顔だちを優しく華やかに。「エレガントゆる巻き」デコルテラインで毛先が柔らかく揺れ動く巻き髪は、コンサバすぎず、カジュアルすぎず、エイジング世代の女性から最も支持を集めるスタイル。1夜、シャンプーしたあとに髪を完全に乾かし、巻き髪用のスプレーを毛先中止に吹きかけます。2(毛束を縦に4等分してヘアアイロン)髪を左右に2つに分け、それをさらに2本の毛束に分けます。まずは、顔に近い毛束から内方向にヘアアイロンでカールをつけたい部分まで巻きます。

朝のスタイリングが簡単

2うしろの髪も同様に内方向に巻きます。反対側も同じようにカールをつけたい部分まで巻きます。3ヘアアイロンでカールをつけた4等分の毛束の1本を内方向に軽くねじり、うしろの毛束もねじった毛束に合わせていきます。この時、顔に向かって内方向にねじり合わせるのがポイント。4毛先をコットンで包み込みコットンを巻きつけた毛先を丸めます。5(さらに丸めてヘアクリップで留める)毛束をさらに1回転させて、ヘアクリップで固定します(反対側も同じ)。そのまま眠り、翌朝、ヘアクリップを外してほぐせはOKです。超簡単巻き髪に必要なのは、メイク用のコットンと前髪を止める際に使うクリップのみ。コットンは毛先を丸める際にまとまりやすく、跡がつかなくていいのがメイク用コットン。2枚に裂けるタイプが便利です。

選択肢の考え方

白髪染めを自分で染める時は、どんな色にしたいかは白髪の量で考えましょう。黒髪よりも白髪の方が染まりやすいので、あまり明るい色で染めてしまうと白髪が目立ってしまいます。若々しく明るめの茶色が好みでも、できれば自分の髪の色に近い色で染めると失敗しません。 白髪染めには昔ながらのクリームタイプの他にも色々な種類がありますが、染めるのが面倒ならシャンプーやトリートメントタイプがお手軽です。次に簡単なのが泡タイプで、髪の毛全体にまんべんなく泡が行き届きます。 どの白髪染めを使うとしても、家具や壁などにつかないように気をつけましょう。もしついてしまったらすぐに拭き取ってください。時間が経つと色が落ちなくなる場合があります。

綺麗に染めるテクニック

白髪染めで染める時には、自分の髪の毛のダメージに気をつけないといけません。しっかり染めたいからと、白髪染めの指定時間よりも長く置いておくのは髪を痛める原因になります。初めて使う白髪染めは、途中でチェックしながら染めると上手に染める事ができます。また、毛先は傷んでいる場合が多いので特に注意して様子を見ながら染めましょう。 染める場所にも気をつけます。明るい場所で、髪の毛全体がよく見える鏡の前で色んな方向を見ながら染めていきます。コームを使って髪の毛一本一本に白髪染めがつくように丁寧に染める事で、仕上がりの美しさに差が出ます。 そして温度も大切です。白髪染めが冷えていたり部屋が寒いと染まりづらくなります。適度な温度で使うようにしましょう。

未分類の関連記事
  • 泡立たないシャンプー!?KAMIKA(カミカ)の効果はすごかった!白髪・抜け毛対策クリームシャンプーの口コミや評判は??
  • 薄毛に悩む
  • 環境改善
  • 髪の悩みを解消
  • ひげを無くす
  • 医療機関での治療
おすすめの記事
髪のまとまりを取り戻せ
未分類
仕事前に化粧や髪のセットをするという女性は多いと思います。そこで髪がうまくまとまらないと、焦りやストレスで、嫌な思いをしてしまいますよね。そ...
皮脂の分泌を抑える
未分類
髪質は人によって異なっていますが、中には頭皮の皮脂が過剰に分泌する人もいます。頭皮に存在する皮脂はある程度の量は必要であるとされていますが、...